広報誌「伴ネットやいま」(電子版)

 発行:沖縄伴走ランナーネットワーク八重山支部

                             広報:干川 明・玉盛拓美        


2017年5月21日 広報 第123号

平成29年度定期総会

4月26日(水)、市内の居酒屋源総本店にて八重山支部の平成29年度定期総会が行われました。支部長あいさつの後、昨年度の活動報告と決算報告がされました。今年度は下記役員を中心に活動していきます。

支部長   平良 常

副支部長  浦浜元光、宮良たか子

事務局長  増川育代

事務局次長 圷 寿男

会計    齋藤弘美

会計監査  片桐政順、福仲用治

広報    玉盛拓美、干川 明

事務局員  齋藤武彦、上地正次、小浜史江

 昨年度は設立10周年の節目をむかえ、助成金獲得や石垣島1周駅伝、なんぶトリムマラソン大会参加を含め充実した活動を展開することができました。今年度も引き続き、役員会を開催して、細かな方向性を決めていきたいと思います。

 

 

萩往還完走記

増川 育代

憧れの萩往還マラニック大会、マラソンを始めた頃からの夢、まさか本当に走れる日が来るとは…

5/4、私は山口市の瑠璃光寺から、萩市の陶芸の村までを往復する70キロの部に参加。朝6時、朝焼けの雲がきれい。この大会の偉人たちにハイタッチで見送くられ、ドキドキワクワクのスタート。制限時間は12時間。絶対にゴールする!3キロくらい走ると山道へ。想像以上の過酷な道で、石畳、細かい砂利、小枝や落ち葉など、走りなれないトレイルはとても滑りやすく、バンナのスカイラインよりも急な傾斜で慎重に足場を確認しながらのまるで登山みたい。足が絶対に痛くなる復路、ここを転ばずに下れるのか?と不安になる。全コースのランナーが通るこの道は、5/2の夜6時にスタートした250キロのランナーや、5/3の夜6時にスタートした140キロのランナーとすれ違う。もうすぐゴールの彼らは、スタートしたばかりの私より確実に元気があるように見える。やっぱりすごい大会。この超人達の身体はいったいどうなっているのだろう…みんなスリムだ(笑い)

歴史を感じる石畳、美しい竹林、杉林、渓流、石の橋、のどかな田園風景、初めて見る野生の藤の花、民家の庭先の夏みかんなど石垣では見ることのない景色全てに感動し、お豆腐エイド、おにぎりエイドで英気を養い、すれ違うランナーにエールを送りながら逆に元気をもらってなんとか萩へ到着。中間地点の陶芸の村で5時間45分経過。わぁ、間に合わないかも~と焦る。芝生の広場でお弁当を食べたり、ストレッチしたり、着替えたり割とのんびりしている人が多い。35キロウォークの部はここがゴール。一応マラニック大会なのでここでお弁当がでるが、座って食べる時間はなくパス。絶対ゴールしたい!名産の夏みかんを頬張り、痛み止めとハブアタック(栄養ドリンク)を飲んで気合を入れると元気が復活!お弁当はゲットできなかったけれど、リュックにはたくさん食料を詰め込んできたので大丈夫。走れない山道ではひたすら食べて栄養補給し続けて上り、下りは転ばないように慎重に、舗装道路では歩かずにゆっくりと走り続けた。山の中で萩焼のお茶碗で温かいお茶を出してくれている私設エイドもあった。いくつかのお茶碗の中からお気に入りを選びほっこりする。なんて贅沢な気分。最後の上りの前、再びハブアタック注入。食料を食べ尽しリュックも軽くなり、それ以上に体が軽く感じ、幅広の階段を駆け上がり、下りをジェットコースターのように駆け下り(自分の感覚の話です 笑)「私トレイルランナーみたい!ヒャッホー!」と叫びたくなるハイテンションに。コレがランナーズハイというものなのか?さすが沖縄が誇る栄養ドリンクハブアタックの力なのか?初めての感覚でとっても楽しかった。

ゴールの瑠璃光寺へと上る300mの直線の光景は忘れられない。沿道の人達のハイタッチとお帰りなさいの声、みんなの温かい拍手に包まれて感動で涙がこみ上げる。幸せな幸せな時間。そして、11時間44分笑顔でゴール。応援してくれたみんなー、ありがとう!ありがとう!ありがとう!

夢の代償として、帰宅後体重は3キロ増え、むくみと筋肉痛は5日間続いた。

 

 

なんぶトリムマラソン伴走記

玉盛 拓美 

 3月19日、10周年記念事業の一環として、やいま会員10名でなんぶトリムマラソンに参加してきました!いまさらながら報告します。今回うちはプチ家族旅行も兼ねた参加で、2歳の長女もしっかり便乗です。1日目は本部の大見謝さんのはからいで伴走顔合わせ会場へ。結成20周年のランモード群馬からはなんと20名以上の大所帯での参加でした。大会前日から食べ飲み放題の接待に群馬メンバーとの懐かしい再開もプラスされてすでにテンションあがり気味のやいまチーム。危険を感じて玉盛家は早めに会場を後にしましたが…ホテルの外からMさんの甲高い笑い声が…明日大丈夫か?

自分の出場するハーフコースは8時30分スタートで、本島のロープランナー大久保さんの伴走です。初めて会う方で、沖視協の事前情報では、かなり早いと…。前日顔合わせ会でもお会いできてなかったので、不安を表に出さないように受付を済ませ、情報収集。本部メンバーのベテランランナーの間でもかなり早いとの噂。準備体操ですでにガクブルきてましたが、会ってみるととっても気さくで親切な方で、「マイペースで走ってください!」て、しかもちょっと足の調子が本調子ではないとのこと。「そうすか~。しょうがないですよね~ゆっくり走りますので無理しないでくださいね!」と上目線になりつつ、それでもやっぱり南城市の自然豊かな街並みを眺める余裕もなく、伴走されてゴールしたのでした。その後の懇親会は、那覇市内の居酒屋で、格安ブッフェ飲み放題プランで本部と群馬の皆さんと楽しい夜を過ごしつつ、練習にまじめに参加しようと一人、決意を新たにすることができました。

あ、その日の夜空にも例のトーンの高い笑い声が響いていましたよ♪追伸。

 

 

新年度会費納入のお願い

定期総会でも説明がありましたが、伴ネットやいまでは今年度より、ボランティア活動保険の値上げと手続き簡素化のため、保険料の納入を会費2,000円に含めることにしています。まだ納めていない方は会計までお支払いください。銀行振込は下記まで

ゆうちょ銀行 口座番号 17020-14766451 

沖縄伴走ランナーネットワーク八重山支部   

「ゆうちょ銀行」に口座があれば、手数料無料 でATMから振込できます。

 

 

ニュースありくり

☆広報「伴ネットやいま」読み聞かせボランティア毎号募集中!              

☆5月29日(月)、今年も伊原間ふなくやーハーリーに参加予定です。踊り手も募集しています。

☆ランモード群馬結成20周年記念事業:8月5~6日(日)を予定。伴ネット本部も参加者を募集しているとのことです。内容未定。

 

 

編集後記 

 今年度から干川、玉盛で広報を担当することになりました。楽しく読める広報づくりに取り組んでいきたいと思います。皆さん、記事ネタ提供よろしくお願いしま~す♪