広報誌「伴ネットやいま」(電子版)

 発行:沖縄伴走ランナーネットワーク八重山支部

                             広報:圷 寿男(アクツトシオ)               


第115号 2016年2月21日

石垣島マラソン

 第14回石垣島マラソンが1月24日、中央運動公園を発着点にフルマラソン、24キロ、10キロの各コースで行われました。大会は厳しい寒さと強風のなかで行われ、海外勢を含む4210人が出場、4004人が完走しました。完走率は95%。

 石垣島地方気象台によると、スタート時の午前9時の最低気温は10.3度、北の風9.3メートル。気温は徐々に下降し、午前11時に9.2度、午後3時には8.8度。午後1時35分には石垣市登野城で19.4メートルの瞬間最大風速を記録するなど、マラソンには厳しいコンディション。悪天候の影響でゴールが運動公園屋内練習場前に変更されました。

参加者の感想です。

【 ★伴ネットやいま ■伴走仲間】

☆フルマラソン

★斎藤武彦(安藤隆晴さんの伴走:前半)玉盛さんにつなげて良かったです。★玉盛拓美(安藤さんの伴走:後半)ハイペースでしんどかった~。■當山良一(東京:5°28)最初4時間以内完走が目標だったけど膝の故障で20キロ地点でスピードが落ち2時間くらい歩きました。次はがんばります。★東長田典一(加登淳子さんの伴走)目標より早く走れた。■斎藤千穂(東京:5°53)完走ペースのつもりでしたが思ったより早く走れました。ありがとう。★圷寿男(斎藤千穂さんの伴走)久々のフルマラソン。楽しく走れました。■石有里(東京:6°20)感動をありがとう!★斎藤弘美(石有里さんの伴走)完走できて本当に安心しました。★大盛文寛:今年はリタイアしてしまいました。

☆24キロ

★縣良子(2°32)楽しかったので又次も走りたくなりました。■坂本由理(石垣市:2°50)初マラソン大会、楽しく走れました。★玉城律(2°59)寒くて死にそうだった。■大城美智子(石垣市:3°01)どうにか完走できました。★池城昇(3°36)一番大変だったのは名蔵大橋でした。★干川明(狩野昇さんの伴走)寒かったけど雨も降らず気持ち良く走れました。制限時間2分オーバーは残念。■清水実浩(神奈川:3°03)寒かったけど完走できてホッとしました。楽しかったです。■原田妙子(神奈川:清水実浩さんの伴走)風が強く寒かったけど楽しい24キロでした。

☆10キロ

清水一巳(福井:1°03)こんな風の中走れてよかったです。次はハーフかな。 ★中谷照雄(清水一巳さんの伴走)記録更新できて喜んでいます。★中谷義子(1°12)風を切って気持ち良く走れました。70歳台1位!★上地正次(1°18)寒かったけど楽しかったです。 ★宮良たか子(1°22)制限時間内ゴールが目標だったので良かった。★浦浜元光(1°24)足を痛めてたけど完走できて良かったです。★新里彩(浦浜元光さんの伴走)初めての伴走でしたがとても良い経験になりました。浦浜さん、引っ張ってくださってありがとうございます。

 

 

最高の支え合いマラソン

山田晴菜(ひまわり)

  「最高の支え合いマラソン」を私は石垣島マラソンで体験することができました。石垣に来て3ヶ月。なーんもないけど人がとってーも温かい素敵な島。そんな島で大好きなマラソンをすることができ、さらに伴走者として出場。そして相手は私よりはるかに身長が高く、たくましい男性。なんと大会当日に初めてのご対面。そんな中での石垣島マラソンは一言で「最高の支え合いマラソン」でした。

 当日は極寒の中、伴走相手のアップルさんからロープをもらい、スタート前に少しジョグを兼ねた伴走練習。初めて会ったのにも関わらずすごく息がピッタリ!「サブ4とりましょう!」と二人で目標を立てました。スタート後、序盤は良いペースを保ちながらやいま村までラン。彼は元々石垣島で働いていたことがあったため、私が風景を案内するととても懐かしそうに当時の話をしてくれました。私まで当時石垣島にいたような感覚になり、とても楽しくランすることができました。しかし30キロを過ぎた辺りから彼の膝の調子が悪くなり、歩きと走りの連続。寒さもあり膝の痛みも増して表情も辛そうそんな中私は「こういう時こそ伴走者の出番だ!」と思い、ひたすら話しかけました。周りの景色を伝えたり石垣島の昔の懐かしい話を聞いたりして常に会話をするように心がけました。歌も歌ったりしてとにかく元気づけようと必死でした。そして泣き泣きのゴールイン!

 ゴールできたことに感動しました。近くで励まし続け、辛いし障がいで大変な思いを抱えながらも必死で走る姿を目の当たりにし、大切なものを感じることができました。それは支え合うということです。ゴール後、彼は私に「ひまわりさんがいなかったら絶対途中で諦めていたよ。本当にありがとう。おかげでゴールすることができたよ。」と言ってくれました。私はこの言葉を聞いた時、本当の伴走する意味を知ることができたのではないかと思います。今まで伴走してきた中でも一番印象深いマラソンになりました。ありがとうございました!

(編集部より)山田晴菜さんは横浜出身で3か月前に仕事のため来島。「伴ネットやいま」に入会。元東京伴走サークル「バンバンクラブ」所属。会員千名余りで同姓も多く一人一人にニックネームがある。晴菜さんは「ひまわり」。ニックネーム「アップル」こと當山良一さんは八重山出身で現在東京都在住、バンバンクラブ所属。

 

 

ニュースありくり

☆1月24日、美崎町「錦」にて全国伴走仲間交流集会in石垣島2016が開催されました。支部長率いるやいま三線隊がおごそかに座を開いた後は大いに盛り上がりました。たくさんのお土産や差し入れもありがとうございました。☆3月2日(水)は18時より意見交換会を行います。(場所未定)この日の水曜練習会はありません。2月28日で伴ネットやいまは満9歳になります。みんなでお祝いするとともに10周年への楽しい計画を立てましょう。

 

 

本部だより(74)

新年度活動に向けて

沖縄伴ネット会長 大見謝辰男

 4月から、ボランティア保険なども含めて新年度に移行します。本部では、その対策として次のような案内をしています。

NAHAマラソン完走講座受講者:ボランティア保険が3月まで有効です。NAHAマラソン終了後、入会希望者は500円会費で新規会員登録しました。19名中、15名が入会しました。②一般の入会希望者数名:入会してもボランティア保険が3月で切れるので、オブザーバーとして参加しています。4月から晴れて入会です。

 このような新規会員やオブザーバーも含め、14日の日曜練習会は毎年恒例の「花見ラン」でした。約50名の参加でした。今年の那覇は、桜の開花が2週間ほど遅いです。3部咲きの桜の木の場所を確認しながら、「来週あたり各自でこのコースを走ってね」という解説で花見を終了しました。

 21日はおきなわマラソンです。中部はちょうど桜の見ごろでしょう。とても楽しみです。

 

 

2月・3月の練習会

☆毎週水曜日18時30分、真栄里公園集合

☆毎週日曜日 8:00集合

☆2月

21日 バンナ公園南口駐車場

28日 バンナ公園南口駐車場

☆3月

 6日 バンナ公園南口駐車場

13日 バンナ公園南口駐車場

20日 バンナ公園南口駐車場

 

27日 バンナ公園南口駐車場